大切な歯を守るために|堺市・中百舌鳥で歯科・歯医者をお探しの方はしんかわ歯科クリニックまで

  • Web予約(初診)
  • 電話
  • メニュー

二次虫歯(二次う蝕)になりにくくし、
歯を守るためにできる治療

虫歯治療と切っても離せない「詰め物・被せ物」。
私たちの大切な歯の一部となるからこそ、詰める物・被せる物はもちろん、
接着剤にも気を使うことで歯の寿命を伸ばすことができるのです。
当院ではこの削った後の工程にも力を入れ、より長く患者さんの歯を守っていけるように取り組んでおります。

二次虫歯について

二次虫歯についてご存知ですか?

「虫歯は削って詰めたらもう大丈夫」そんな風に考えていませんか?
残念なことに、虫歯は一度発症してしまうと、再発は免れないのです。
歯は一度削ってしまうと元には戻りません。そして再発して再治療を重ねることになってしまうと、歯の崩壊のスパイラルが進んでいきます。このレールに乗って、抜歯に至る患者さんは珍しくありません。
他人事とは思わず、二次虫歯についてきちんと知っておくことが、ご自身の大切な歯を守ることに繋がるのです。

イメージ画像

再根管治療について

根管治療は、その歯の寿命を左右する重要な治療ですが、虫歯と同様に再発のリスクがとても高い治療です。
歯の根の構造はとても複雑で、治療自体が大変難しく、日本では根管治療を受けた方の50%以上がやり直しとなると言われています。
肉眼で治療を施すには限界があり、確実な治療を行うためにはマイクロスコープ(歯科用実体顕微鏡)など、根管治療のための環境を整えている必要があります。しかし、その環境を整えている日本の歯科医院は2~3%と言われており、精度の高い治療を行える歯科医院が少ないためにやり直しが多くなってしまうのです。(アメリカでは根管治療の専門医はマイクロスコープを使用することを義務付けられています)
当院ではこのマイクロスコープを導入し、できる限り再治療の確率を低くする、精度の高い根管治療を行っております。
>>当院の根管治療の詳細はこちら

イメージ画像

保険診療・自由診療の違い

自由診療は"治療の選択肢を広げること"

自由診療に「見た目をよくするだけの治療」「高額で贅沢な治療」というイメージをお持ちの方は多くいらっしゃるかと思います。
しかし、実際は「保険以外の選択肢を広げることができる」のが、自由診療なのです。

図にあるように、保険診療の内容というのは30~40年前からほとんど変わっていないだけでなく、使える材料・治療方法に多くの制限があります。
黒電話の時代の治療と、スマホ時代の治療が同じはずはありませんよね。
そのため、保険範囲に限られると、選べる治療の幅はとても狭いものになってしまいます。
何でも自由診療にするつもりはありません。ただ、患者さんの歯の将来を考えたときに、できうる治療をお教えすることが務めだと思っております。 強引にお勧めするのではなく、選択肢の一つとしてご説明いたしますので、ご安心ください。

患者さんにより良い結果を得ていただくためにも、保険診療と自由診療の違いについて知っていただき、その中から、患者さんご自身がご納得いただける治療を選択していただければと思います。

イメージ画像

詰め物・被せ物の違い

保険診療で使える材料パラジウム合金など

保険診療で使われるのは金銀パラジウム合金といういわゆる「銀歯」です。
昔から使われている素材ですが、治療後にお口の中で目立ってしまうだけでなく、二次虫歯のリスクが少なからずあり、金属アレルギーを引き起こす原因になり得ることが指摘されています。

イメージ画像

自由診療で使える材料セラミック、ジルコニアなど

自由診療で使う素材は主にセラミックやジルコニアなどを使用します。
セラミックやジルコニアは金属アレルギーの方でも使える身体に優しいメタルフリーの素材で、身体への負担の心配がありません。歯との親和性が高いため二次虫歯を引き起こすリスクをうんと低くすることができます。
また、見た目も本物と変わらぬ色合いを再現できるため、治療跡が気にならないことが大きなメリットです。

イメージ画像

接着剤の違い

歯科用セメントが肝心です

私たちは、虫歯で患部を削ったら、銀歯やセラミックなど素材を詰めます。その時に歯と詰め物をくっつけるために「歯科用セメント」と呼ばれる接着剤を使用しています。
歯科材料の進歩=接着技術の進歩と呼ばれるほど、この「接着」がとても大切です。旧来の歯科治療では、「合着」という技法を使って詰め物や被せ物を歯に取り付けていましたが、現在は技術が進歩し「合着」から「接着」という技法が多く使われるようになりました。
そして、二次的な虫歯を防ぐためには、詰め物や被せ物を歯に取り付けるときに使用する材料が、その後の歯の寿命の明暗を分けるのです。
当院では詰め物・被せ物に使うものはもちろん、接着材においても患者さんの症状やご希望などの状況に合う歯科材料を取り揃えております。

合着とは?
接着剤(セメント)が被着面(歯)に凸凹に入り込んで固まり、脱離しなくなる機械的な原理です。
一体化しているわけではなく、歯の上に取れないように乗っている状態のため、セメントが経年劣化するものだといずれ剥がれてしまいます。
接着とは?
接着とは被着面(歯)と接着剤(セメント)の化学的な結合(分子的結合力)によって吸着する化学的な原理です。
歯と一体化するため、離れにくい状態になります。
ページトップへ